水着のおねえちゃんたちと騒げるGIRLS BAR〜五反田 BEACH GIRL〜 | Yacchaooze!

水着のおねえちゃんたちと騒げるGIRLS BAR〜五反田 BEACH GIRL〜

五反田エリア
スポンサーリンク

BAR AKIRAの眼の前にできたガールズバー

こないだ、久しぶりにAKIRA行って、アキラと話してたら、

そう言えば、ウチの前に、水着ガールズバーができたんですよ。

え?なにそれ?女の子水着着てるの?

そうっす。

ちょっと見てくる!

と私は店を飛び出すと、向かいの店の扉に衝撃を受けた。

なんじゃ、こりゃあ!!まじか!

結構、混んでるんすよ。

だろうな!空いてるかな、今。
ちょっと見てる!

再度、席を立って、店の扉を開けた。
すると、本当に水着のおねえちゃんたちがカウンターの中に立ってるではないか。

いま空いてる?

狭いけど賑やかな店内。私の声が届かないのか、水着の女の子がこっちにやってきた。

ごめんなさい、いま女の子足りなくて…

と、送り出され扉を閉める。

まじだ。水着だ…こんな寒いのに、水着…
分かるだろうか?この小躍りしちゃう感じ。
水着というのは、なんともこう、男の魂をガッツリ掴むものなのだろうか。

私はAKIRAに戻り、

アキラくん!本当に水着だったよ!!ビキニ!!

あはは。だから、水着ですって。

こうして、私の記憶に水着ガールズバーは深く刻み込まれたのだ。
そして、頃合いを見計らって、2,3回チャレンジしたが、断り続けられたとき、いつもの水着のおねえちゃんが、姉妹店がある、と言い出した。

姉妹店!先に言ってよ!と言い放ち、近所の姉妹店に向かう。
ここの看板がさっきのBEACH GIRLと一緒。
だけど、よく見ると「秘書倶楽部」と書いてある。

え?秘書??

いや、看板は、さっきのBEACHGIRLと一緒の水着のねぇちゃんの看板。
きっと秘書って書いてあるけど、水着の秘書かもしれない。
訳わかんねぇが、とにかく確認は大事だ。
私は、この時、一緒にいた方に、とりあえず行きますか、と無理矢理入っていった。

入ると、カウンターに、白いワイシャツのおねえちゃんたち…
あれ?と思い、前についたおねえちゃんに、水着じゃないの?ここ?と聞くと、

ここは秘書なので、水着じゃないです。

えーーーーー!
だって看板、水着と一緒じゃん!

あっちは水着ですけど、こっちは秘書なんですよ〜あははは。
基本的に、水着になれない女の子がコッチで。
水着OKな子は、こっちとあっち両方いったりきたりしてます。

私は失意の中、どうでもいい若いねぇちゃんの話を上の空で聞き、向こう側の壁にでかく書いてある「秘書倶楽部」の文字を睨みつけ、ワンセットを耐えた。
水着というニンジンをぶら下げられ、目の前で取り上げられた気分である…
こんなにも、長いワンセットがあるか…

スポンサーリンク

しばらくして、キャバクラKING人とAKIRAを訪ねた。

おー!久しぶりっすね〜
あれ?今日一緒なんすね。

そうなんだよ。KINGと一緒。
そういや、アキラくん。
こないだの水着からの秘書の流れは散々だったよ…
秘書倶楽部とか言う店に、案内されて、水着じゃねぇの。
俺ら求めてるの、水着じゃん?なんなら、ビキニじゃん?
今日も混んでるかな?水着ちゃんたちは。

いやあ、わかんないっすけど。どうですかね?

一緒に来たのはキャバクラKINGだ。
もうすでに、水着の話題は刷り込んである。
行くとしたら水着しかない。

アキラくん、じゃあ、俺ら水着行ってくるわ。入れないかもしれないけど。

はーい!いってらっしゃ~い!

我々は、目の前の水着の看板をまた目に前に、扉を開けた。
カウンターの中は水着のねぇちゃん。

二人だけど、入れる?

入れますよ〜。奥でもいいですか?

おおおおお!入れた!入れたよ!
奥でもいいよ!奥はいいよね!

軽く下ネタをカマしl私は小躍りして、奥のソファ席に向かうと、そのソファに男同士横に座らされた。
なんか気持ち悪い。
だが、私の心の中は、みずぎっ!みずぎっ!ビキニっ!ビキニっ!と連呼していた。

しばらくすると、オシボリを持って、ひとり女の子がやってきた。

いらっしゃいませ〜

ソファ席でもいい。入れたことが、嬉しいのだ。ビキニのねぇちゃんと呑めるのが嬉しいのだ。
何度もトライして、全然入れなかったことを彼女に伝えると、ホントですか、それはすいません、と謝っていた。
が、よく見ると、思い出したのだ。

そうだ!毎回断っていたの、君だよ!

私、店長なんです。

だからか!
でも、あの秘書はない。あれは悲しかったぞ。
秘書からビキニだったらまだいいけど、ビキニから秘書はないだろ。
俺は君の肢体にどれだけ心踊らされたことか…
いや、今日はこれてよかった。もう、心残りはない。

そんな事言わないでくださいよぉ〜
いつでも待ってるんで、また来てくださいね。

おうよ。じゃあ、来ちゃう。

彼女は21歳で、秘書にいたのだが、今はビキニで頑張っているという。
しっかりしてるし、機転は効くし、なかなかおもしろいのだ。
こうやって、ちゃんと身体張って生きてるところが、なんともいじらしい。
もう、君は、自由に呑んでくれ。
秘書倶楽部でのほほんと座って、私も頂いていいですかあ〜?とか言っちゃってる、二十歳くらいのねぇちゃんには、到底敵わないだろう。

めいちゃん。
なかなかのファンタジーをありがとう。
これで、明日も仕事頑張れる。

店名BEACH GIRL
ジャンルガールズバー
電話一見で入って、女の子とLINE交換したら連絡できます
予約可否聞いた連絡先で問い合わせましょう
住所東京都品川区東五反田1丁目18−14 東五反田ビル202
営業時間不明
不明
プロフィール
この記事を書いた人
yacchaooze!編集長

Yacchaooze!編集長。
ファンタジーを求めて、グルーヴ感ある店を探し当てるのが特技。
今宵もソロ活動に勤しむ。五反田がホーム。
今日もどこかで、やらかしてます。

Yacchaooze!をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
五反田エリア東五反田
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Yacchaooze!をフォローする
Yacchaooze! やっちゃおうぜ!